fc2ブログ
弊社のインスタグラムの紹介です。

施工事例を中心に投稿しております。
フォロー宜しくお願い致します。
なかなか日本の景気が良くならない。とくに去年1年は建設会社の倒産が急増し、福岡に限って言えば前年の1・5倍になったそうです。
僕は職人のセガレとして学生時代から現場に入り、バブル後期からサラリーマンとして働いてて、住宅の仕事に長く携わってきました。
そして僕が創業して7年目。安売り業者ばかりの日本の建設リフォーム業界を憂いてます。

子供のころから職人さんを見ている身からすると、ただでさえ人手不足の建設業界で腕が良いと言える職人さんは少なくなりました。
日本は30年間所得が上がらず、安売りばかりを求めた結果だと思います。
急激な物価高の中、単価が上げられなくて悲鳴を上げている業者が多い、そして去年から建設業者の倒産が急増しています。こうなることはある程度予想できていましたが、大変な世の中になりました。このままだと家を直したり建てたりする業者がなくなってしまいます。

結果、見かけの見積額は安いけど、いい加減な営業担当(最初の話と違う)、ずさんな工程管理と品質管理、質が低い作業員を短期で回す、いいかげんなアフター対応・・・そんな会社がバンバン宣伝広告をして、「1円でも安く!」と消費者が集まって来る。
こういった安売り業者がやった低品質な工事(はっきり言えば手抜き)を見るたびに暗い気持ちになり、日本の未来を危惧してしまいます。

そう言った現状から、お客様のため、働く職人さんと従業員のため、ひいては社会全体が良くなるために、当たり前のことを淡々やっていかなければと思った休日勤務のお昼時。
がんばりますよ。
Instagram【台風被害3種類】20240129


台風被害で遭った屋根、カーポート、エクステリア、雨樋の破損をそのままにしていませんか?
ご加入の火災保険を使った工事をおすすめします。
詳細はお問合せください。
IMG_0602.jpg

以前にに工事をさせて頂いたお客様の補修工事に行ってきました。
サイディングが痛んで表面が剥げてきていたので、ヒートガンで乾燥させて、プライマー、外壁用シーリング処理。
今年度最後の工事終了。

皆さま、今年も本当にお世話になりました。
良いお年をお迎えくださいね。
2023.11.14
海
10月末、宗像の海に行ってきました。程よく暑く、寒くなく…子供たちは服のまま海に入って、足湯を作って浸かったり貝を見つけたり、海を満喫。我が家では、秋の海が恒例化しています(笑)。遊んだ後の着替えや洗濯は大変ですが、親は海のように心を広くして地獄を覚悟して見守ってます。
37835.jpg

前回買ったiPhone12 miniですが、パソコンと接続が不安定で、アプリが使えなかったりしました。
アップルのサポートにも電話しましたが、パソコンと相性の可能性があるとか。そんなことあるんですね。

結局、iPhone12 mini は売却することにし、中古でiPhone13 miniを購入しました。
バッテリーの持ちがよくなり、快適に使えてます。
2023.09.25 iPhone12 mini
IMG_4596.jpg

iPhone12を使ってたのですが、片手操作がしにくかったので iPhone13 miniが欲しかったのですが、まさかのラインナップ落ち・・・。
ということで、今更ながらメインスマホをiPhone12 miniに替えました。
このサイズのiPhoneは日本でしか売れなかったみたいなので、もう出ないんでしょうね・・・。
IMG_3864.jpg

早良区にて、物置設置工事を行いました。
商品はイナバ製中型物置「フォルタ」です。
去年設置したものと全く同型のものです。
2台並ぶと壮観ですね。
IMG_3799.jpg

杉並の下高井戸にある、LIXILのエクステリアショールームに行ってきました。
商品の数、商談スペース等、充実した施設です。
毎日のようにニュースになっている大手中古車販売会社、酷いですね。
僕個人レベルでも悪い噂はずっと前から聞いてましたが。
報道されていることが事実で組織的にやっていたのであれば、もはや会社として存続させてはいけないのでは。

翻って、建築、とりわけリフォーム業界はどうか。
数社思い浮かびました。実際、それらの会社の杜撰な工事の現場を見たこともあります。
悲しいことですが、そんな顧客軽視で自分たちの利益至上主義の会社が堂々と営業しているのも事実です。

人間生きていくためにお金必要だけど、倫理に反してまでお金を得る必要はないでしょ。
楽しく生きて、ご飯が食べられたらいいじゃないですか。

あらためて、お客様目線とは何か、いっしょに工事をする業者さん、従業員のやりがいとは、そして会社とはなにか。
色々思いを巡らせながら、日々の工事をしっかりとやらなければと思った次第。