FC2ブログ
P_12019550408_143253.jpg


この道50年の親父のコンクリ打ちの手伝いに行ってきました。

天候を見ながら地盤の角度や下地に合わせたセメントの効かせ具合は(セメント、砂、水の配合)は素人では出来ません。
僕は学生時代から親父の手伝いでやってますが、コンクリート作業はやり直しができないし、かなり神経を使います。
前の晩から天気予報を見ながら、朝一でミキサー車の手配をキャンセルするかギリギリまで判断ができないときもあります。

気温、湿度にも左右されるので、コンクリの乾きが悪いときは、夜中に照明を立てて仕上げ作業だけやります。
内装に比べ、若い職人さんも少ないし、ミキサー車を何台も呼ぶような大きい現場になると人数も集めないといけない。

最近は、格安のリフォーム会社が溢れ、安く、安くと言うお客さんは多いけど、どんなに元請け業者を値切っても、最後は職人さんにしわ寄せが来て良い仕事は出来ません。
なので、僕は無理な値交渉をされても「適正価格」で見積を出します(笑)

手抜き工事が横行している業界の中、少しでも良い仕事をしたいですし、職人さんもちゃんと食べてもらいたい。
最終的にそれが、お客様の大事な資産を守ることにつながると思っています。


※写真は下地、上塗りが終わった状態で、刷毛引き仕上げ作業をする前です。
Secret