FC2ブログ
こんにちは、福岡市の戸建て専門リフォーム会社アイフィックス(I-FIX)です。


塗装工事をするに当たって、予算をご提案するときに、大事なのが塗装が「どのくらい持つか」の説明です。

例えば屋根と外壁では耐用年数が変わってきますし(屋根の方が劣化が早い)、塗料の種類でも変わってきます。


下地処理だけでも、以下の作業があります。

・高圧洗浄(塗装面を洗い流して綺麗にします。)
・下地処理(クラック、ひび割れ、コンクリート補修etc)
・下地塗装(プライマー、シーラーで小さな傷を埋め、上塗り塗料の付着性を高めます。)
・シーリングの打ち替え、打ち増し(モルタルと枠との隙間などを埋めます。)



そして塗料の種類による一般的な耐用年数。

・アクリル(4~7年)
・ウレタン(6~10年)
・シリコン(8~15年)
・フッ素(15~20年)

※耐用年数は下地処理、重ね塗り、日の当たり方によって変わってきます。
通常は2回塗りします。



実際、安さが売りの業者さんは下地処理をせずに、ウレタン塗料1回塗りとかやってるところがあります。

塗装は家屋をコーティングし、建物の耐用年数を大きく左右します。

弊社ではお客様のご予算に合わせ、塗料の種類、作業内容を説明しております。
ご不明な点は、お気軽にご相談下さいね。
Secret